比と比の利用の問題

昨日の答えの解説と答え

①同じ時刻に歩く歩数の比は、太郎 : 花子で10 : 14 = 5 : 7 なので、
5 : 7 =□ : 42
 □ = 5×42÷7
   = 30 (歩)

②太郎君が15歩歩く間に花子さんは
30 : 42 = 15 : □より □ = 21(歩) 歩きます。
また歩幅の比は、太郎 : 花子で1/8 : 1/12 = 3 : 2 なので、花子さんが21歩で歩くところを太郎君は、
2×21÷3 = 14 (歩) で歩くことになります。


中学生には、距離が等しいのか、時間が等しいのか、と考えさせると理解しやすいと思います。

 



学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン








簡単そうに見えますが。

よく読まないと間違えてしまう意外と正答率の低い問題です。

太郎君が8歩で歩くところを、花子さんは12歩で歩きます。また、太郎君が10歩歩く間に、花子さんは14歩歩きます。
これについて、次の問題に答えなさい。

①花子さんが42歩で歩く間に、太郎君は何歩歩きますか。
②太郎君が15歩歩く間に花子さんが歩く距離を、太郎君は何歩で歩きますか。



ヒント ①は歩数の比を考えて解きますが、②は歩幅の比も考えて解きます。


答えはまた明日。ではでは。




学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン











『まちライブラリー』の方々が来られました。

昨日、保護者懇談の合間に、『まちライブラリー』を運営されている方々が視察に来られました。

「ぼくは、このすぐ近くに1年前に越してきたんですよ。それでずっと『ここ』が気になっていたんです。どう見てもカフェなのに、子どもが出入しているのは何なのだろう、と。」

「ハハハ。よく言われます。」

「それで、あるとき、巣箱が外に出されているのを見て、『あれ、まちライブラリー?』って。ちょうどバザーをしていましたよ。」

「ああ、そうだったのですか。」

「はい、子どもたちの熱気がすごくてびっくりしました。子どもたちだけでバザーをしていたんでまたびっくり。売り子もお金のやり取りも。大人はいなかったんですよねー。」

「できるだけ子どもたちに任せようと思って。・・・バザーのチラシを受け取られましたか?」

「はい。チラシの原画をぼくもらったんですよ。これは原画なのにいいの?と 渡してくれた子に聞いたら、コピーがあるのでいい、と言うんです。」

「はー、そうでしたか。原画を渡してしまった、と子どもたちから聞いて、何やってんのよ! と呆れていたんですよ。」

「ぼく持ってます。ちゃんと持ってますよ。鉛筆で書かれた原画の重み、感じています。」

「わはは。そうなんですか。それはそれは。・・・良かったです、原画をお渡ししたのがあなたで。」

そうこうしているうちに、次の保護者の方との懇談の時間が来ました。

巣箱ライブラリーの運営や本についての話がほとんどできないまま、視察は終わってしまったのですが・・・。

ごめんなさい。もう少し時間を取ることができれば良かったのですが。

『巣箱ライブラリー』が地域に馴染んだ頃にまたゆっくりと来ていただいて、読書談義に花を咲かせてほしいと思いました。




学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン






チルドレン には違いないけど・・・

昨日の教室で・・・

「おい、まじめにしろよ! そんなやつは『ラフラーンチルドレン』と違うぞ!!」と 5年生。

「は? 『ラフラーンチルドレン』 ?」 と わたし。

「はい、そう。『子どもファースト』でお願いします。」

「あっ、はい。」

育児放棄しないように頑張ります!!



学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン





単なる暗記は非効率

「わたしの母はゆっくり歩く。ってslowを使うんですよね。」と中2生。

「いや・・・、『ゆっくり』は『歩く』を修飾してるでしょう。『歩く』は動詞やね。述語動詞を修飾するのは形容詞やった?副詞やった?」

「えっ? 国語では副詞って習いましたが・・・。」

「国語も英語も一緒よ。」

「ホントですか?」

「そらそうやろ。国語も英語も言語には違いない。」

「では、slowって、形容詞ですか?」

「そうそう。slow starterって聞いたことない?」

「ゆっくりスタートする人ですか?」

「うーんと、まぁそういうことやけど、なかなかちゃっちゃと始められへん人、腰の重い人ってこと。starterは名詞なので名詞を修飾するslowは形容詞。では問題にもどるけど、『ゆっくり歩く』の『ゆっくり』は副詞ということはわかったね。ではslowの副詞は何でしょうか?」

「・・・。わかりません。」

「slowに ly をつけると副詞になるよ。weekly とか、dailyとかは聞いたことがあるでしょ。じゃぁ答えはどうなる?」

「My mother walks slowly.」

「はい、正解。」

高校に入って英単語をおぼえるとき、初めて形容詞、副詞、他動詞、自動詞・・・などなどを気にするようになりました。
中学の英語の先生はそんなことは教えてくれなかったので、高校に入って習うことは衝撃的なことばかりでした。
もっと早くに知っていれば、単なる暗記で終わることもなかったのに、意味を理解して暗記するほうが効率はずっと良かったはずなのに、と中学時代の先生をちょっと恨んだりしたものです。

英語だけに限りません。全ての教科で意味を理解して覚える方が、覚えやすく忘れにくい。
生徒たちには「なぜそうなるのか」と常に考えて意味を理解する勉強をしてほしいと思っています。




学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン