『わくわく文庫』の活用法

『わくわく文庫』で本を読んだ後、
●読書マップ1を作る・・・あらすじが中心
●読書マップ2を作る・・・感想が中心
●感想文を書く
●ディクテーション・・・一文ごとに聞いて書き取る(本は読まずに聞き取りをする)
以上の4つをひと月に一回ずつしてもらっています。

今週はディクテーションの週です。英文のディクテーションは、何度も聞いて正しい文を書くことが重要ですが、この『わくわく文庫』のディクテーションはそこまでは求めていません。
確かにできるだけ本文通りに書くことを目標としてもらっています。でも似たような表現であれば書き直しはさせていません。一文が長い場合は、ときとして書いた文が要約文になっている場合もあり、だいじなところを聞きもらしていないかどうかに気づく目安にもなると思います。
またもう一つの良い所は、自分がこれまで書いたことのない言い回しに改めて気づき、作文を書く時に表現の幅が広がるということです。

明後日はコスモトピア(『わくわく文庫』の会社)の勉強会です。もっと有効な『わくわく文庫』の使い方を仕入れてこようと思っています。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する