一歩一歩

昨日の記事に書いた中二生が今日は来ました。

「ここわかりません」と、やっぱり懲りずに聞いてきました。
「説明を聞いているだけだと、右から左へ抜けてしまうと思うから、この参考書を読んでみて」
「はい・・・えっと、ここわかりません」またかい

どこをどう注意して読めばよいのかだけを教えて、少し様子を見ていました。さっき全て×だった問題がゆっくりですが一つ一つ○になっています。

一方的に教えられたことはすぐに忘れてしまいますが、自分で読み取って答えることができた問題は忘れません。

「参考書も問題集も、この棚にあるからね。わからなくなったら自分で調べるんやよ。それでもわからんときは、わたしに聞いたらいいから」
「はい、あぁ、そういうことかって ちょっとわかりました」
「そんな早くわかった? まぁまぁ、できるだけ自分の力で自分の頭で考えるようにしよな」

ふーっ、今日のところは爆発せずにすみました

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する