桜の下で宣伝活動 

今日は暑いくらいの良いお天気になりましたね。週間天気予報では雨だったので、せっかくの入学式なのに残念だなぁと思っていたのですが。

いつもの満開の桜の下で、教室に通ってくれている子のお母さんといっしょに、パンフレットの門前配布をしました。消しゴムをパンフレットとセットにしておいたので、受取りを拒まれることもなく全て配りきることができました。

うちは新聞にチラシを折り込んだことがありません。就学時前健診と入学式、年2回の門前配布が唯一の宣伝活動です。
それでも少しずつ名前を知ってもらえるようになりました。先日 新6年生の女の子が
「みんなラフラーンに行ってるよなぁ、と学校で言われたよ」と言うのを聞いて、ちょっと面映ゆい思いがしました。
みんな行ってる、というのはオーバーですよね。子どもが言う『みんな』は、3人から7人のことだと何かで読んだことがあります。
でも小学校1年生から中学校3年生の子たちがそれぞれ7人ずつ来てくれたら、しっかり地域に貢献している塾ということになるでしょうね。目標にしようと思います。

パンフレットを配り終えたあと、手伝ってくださったお母さんといっしょに食事をし、ラフラーン祭の打ち合わせも少しして本日終了となりました。

それにしても このお母さんが書いてこられたバザーの段取りのメモを見て、優れたマネジメント力にビックリしました。
こういう人が傍にいてくれて本当に有難いことだなぁと心から思った一日でした。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する