官営模範工場じゃあるまいし

「国立の小学校はテストもあるけど、合格はおみくじで決まるんだよ」
「おみくじ?あぁ、くじびきやね」

今日から一緒に勉強をすることになった年長さんの男の子は、小学生の間でも臆することなく楽しげに問題を解いていました。
隣に座っていた5年生や3年生の女の子もついついこの子の世話を焼いてしまうという感じなので、なかなか甘え上手なんですねぇ。

これまでのお受験をしようとする子は、皆礼儀正しく判で押したように同じ反応をしていたのですが、この子はちょっと違うように思いました。

そう言えば、国立の小学校を受験したけれども不合格だった女の子がいます。この子を不合格にするなんて、どこに目をつけているんだ、と不思議に思いましたが、塾仲間の友だちの次のような話を聞いてちょっとだけ腑に落ちたような気がしました。
「その女の子は、自分を持っているんじゃない?そんな子はいらんのよ。危険因子になるような子はいらんの」
この友だちの言うことが本当なら、時代錯誤も甚だしいと思うのですが・・・
 
----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

管理者にだけ表示を許可する