どうぞ一文は短く区切って書いてください。

あさがっこうへいってあいさつしてさんすうのべんきょうして○○くんがしかられたけどぼくはちゃんとできてきゅうしょくはあまりおいくなかったのではなをつまんでたべたのでおなかがいたくなったけどやすみじかんにはなおってまたあいさつしてかえったらおかあさんがいなかった。

こういう文章を書いてきたら、わたしは その子の前で声に出して読みます。最後の句点まで息継ぎなしで オーバーに喘ぎ喘ぎ読んでみせます。
そして最後に「殺す気かー?息継ぎするところが無いやないの?」と、さも苦しそうに言うのです。

それでも ほとんどの子がまた次も同様の文章を書いてきます。半年かけても読みやすい文章はなかなか書けません。でもあきらめずに書かせていると、あるとき急に読みやすい字で読みやすい文章を書いてくるようになります。
この読みやすい字と読みやすい文章はなぜかセットです。
この時を境に他の教科の成績も上がり始めるように思います。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン







管理者にだけ表示を許可する