わからんかった

「もう、勉強いやーって感じなんです。もうしんどいんです」
「えぇ?」あまりにビックリしたので声が裏返ってしまいました。
「どうしたの?何があったの?」
「わからない・・・前は勉強楽しかったのに、今は嫌で嫌でしかたがない・・・」

以前 勉強を始めた途端、じんましんが出てあちこち掻きまくっていた子がいましたが、今日のこの子は優等生タイプの子なんですよ。突然の”勉強いや”発言に返す言葉もありませんでした。

自分から進んで課題を見つけては勉強していたのに、訳がわかりません。手を抜くことができない真面目な子なので、わたしから厳しいことを言うこともなかったのですが・・・。むしろもう少し はっぱをかけた方がこの子は もっと伸びるかな と思っていたくらいなんです。まだまだ余裕があるように思えたのに。

ショックでした。子どもたちの様子はよく見ていたつもりです。あぁでも・・・何も見ていなかったのだろうか。問題のある子のことは一挙手一投足までしっかり見ていますが、手のかからないこの子のことはよく見ていなかったのかもしれません。

この子は、来月一カ月お休みすることになりました。
「一カ月休んで、また必ず戻ってきます」と申し訳なさそうに言ってくれましたが・・・。

難しい。この前まで楽しそうに笑っていた子なのになあ。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン









管理者にだけ表示を許可する