fc2ブログ

そっくり親子

教室のある地域は教育熱心な家庭が多く、中学受験の熱も自ずと高い地域です。
先月から個人懇談を行っているのですが、
今日は、とても勉強が得意なお子さんをそれぞれお持ちの二人のお母さんが来られました。

「この調子で進めば、4年生に入るころに実感算数は全て終わるかもしれません。
 難関中学を目指すのも、おもしろいかもしれませんね。」と水を向けると、
「いえ、すぐ近くの公立中学へ行かせます。私立でも公立でも本人次第だと思いますから。」

きっぱりとおっしゃったこのお母さんの あまりの清々しさに、先の自分の考えが下世話で浅はかに思えてくるほどでした。

二人目のお母さんも同様に地元の公立中学に進ませる、と まっすぐわたしを見て話されました。

不思議なことに…、いえ、不思議ではないのかも、当然なのかも。
お二人とも
「うちの子は『活字』が大好きなんです。」
「プラモデル作りや読書など、ご飯を食べるのも忘れるほど集中するんですよ。」と
屈託のない笑顔でおっしゃいました。

全く気負わず自然体のこのお二人。子育てのコツを教わりたいです。
もう息子たちは とうに成人してしまいましたが。そう、孫のために。へへへ…

管理者にだけ表示を許可する