まずは『わかる』から

バタバタしていてブログの更新が滞りがちです。

昨日、二週間の体験学習に来ている中一生くんが、
「ここに来てまだ一週間ほどですが、学校の授業で手を挙げることがでるきようになってきました。今まで手を挙げたことがなかったんですが・・・」
と嬉しそうに言ってくれました。

それは良かった

進学塾から替わってきた子も、「わからなかったところが、どこなのかがわかった!」と言っています。
象徴的な言葉ですね。『わからないところが わからない』から どう学習に取り組めばよいのかがわからないのです。

『学び』という『実』のまわりに、何重にも薄皮が貼りついていて なかなか剥がすことが難しかったのでしょう。それが一枚ずつペロッと剥けてきたようです。
この皮を剥がす作業は気持ちの良いものですよね。
どんどん剥がして『学びの実』を直に掴み取ってほしいと思っています。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン
















管理者にだけ表示を許可する