家で算数を教えるときに注意すること

「お母さんに教えてもらった」と宿題を誇らしげにさし出す子・・・。
そうかぁ、それは良かった、となかなか言えないのです。

大人は小学校の低学年で習うことなど、もちろん何の苦もなくできます。
答えが出たらそれで良い、と思ってしまいますよね。
でもそれを小学生の子どもにすぐに当てはめるのは危険です。
まだ量感がついていない子に、考えなくても答えが出る方法を教えてしまうと、せっかくの量感をつける機会が奪われてしまいます。

数を量としてとらえることができるまでは、ドット棒などの具体物を使って目で量を確かめることができる勉強をするべきだと思っています。
そうすることによって何通りもの答えにたどり着く道を見つけることができるようになり、中学以降の数学の習得も容易になると思うのです。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン




















管理者にだけ表示を許可する