カウントダウン

「先生、テスト返ってきましたよ!!」
先日、満点やったらどうしよーっと言ってた子です。
入って来るなり鞄から返却された答案を引っ張り出しました。

惜しいなー・・・本当に惜しい。英語で書かなければならないところを日本語で書いています。
「どうして日本語で書いたの?」
「先生、ここ見てくださいよ。全文が日本語で書いてあるでしょ? 【   】の中だけ英語にするのは変でしょう?」
「ふむふむ、ホントやね。これはちょっと意地悪やねー」
満点ではなかったけれど、クラス1位だったそうです

他の子たちも、どの教科も上がっていたのでホッとしました。よくがんばったね


定期テストが終わったところですが、中学生には早速『すらら』の診断テストを受けてもらいました。
一・二年生は間違えたところを今月中にレクチャーとドリルで修復、
中三生はそれにプラスして今年中に1・2年の理社の総復習と英国数の過去問のテストを並行して行う予定です。

「この2か月が勝負やで、死に物狂いでいきましょっ!!」と言うと、
中三生たちは『うん』と真剣な顔で頷きました。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

























管理者にだけ表示を許可する