だいじなことは何?

縦に=(イコール)をそろえて書いて解き進めていく方法を学校で習ったばかりの4年生の子が
「書く場所がないー」と言うので、何を言ってるのかな と見ると、
問題の縦方向にぎっしり計算式を書いていました。横はぽっかりとスペースが空いているというのに。
「ここに書いたらいいやんか」と言うと、
「アカン、学校で習ったから。縦に書いて行かなアカンねん」と この子はかたくなに首を横にふりました。

真面目な子ほど融通がききません。こういう子は小学生の間は成績は良いのですが、往々にして中学校に上がると急ブレーキが かかります。

小学校では線を引くとき たとえ筆算であっても必ず物差しを使うように指導しているようですが、中学校のテストでも律儀にこれを守る子がいます。
いちいち物差しを使うことで計算スピードが落ち思考が細切れになる。そのため時間内に問題を解くことができなくなるのになぁ。

こうでなければならない、と枝葉末節にこだわると、骨幹となる だいじな部分が見えなくなるように思います。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン




















管理者にだけ表示を許可する