保護者の視点はどこに?

友だちにフランチャイズの塾の先生がいるんですが、その先生が、
「この前の研修会で、『生徒には手をかけないで効率よく回してこそ教室運営ができる』と言ってた人がいて、限界を感じたわー。こんな教室が評判良くて生徒がたくさん集まってるねんよ」と嘆いていました。

この友だちはホントに懇切丁寧に指導していて力もある優秀な先生なんです。それなのになぜか生徒が集まらない。どうしてでしょう。フランチャイズなのでテレビコマーシャルも定期的に流れ どこの教室も同じチラシを入れるので、宣伝に関しては大差は無いと思うのですが。ああ、教材もそうですね。どこの教室も同じものを使っているので、これも差がありません。そうであれば差がつくのは指導力、誰が考えてもこれしかないと思うのですが 保護者の視点はどうも違うようなのです。

個人塾なら 使っている教材や学習時間帯、指導教科、指導者、場所、集団指導なのか個別指導なのか、志望校への合格者数・・・などなど選ぶ基準は人さまざまですが、フランチャイズの塾はどう考えても『指導者』しかないと思うんですよね。口コミで広がると思うのになあ。
どなたか教えてくださいませんでしょうか?

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン

















管理者にだけ表示を許可する