客観的に読む、書く。

「書いた後で読み返してみた?」

「いいえ・・・」

「まだこの本を読んだことのない人が、君の書いたあらすじを読んだだけでどんな内容なのかわかるかな?」

「・・・わからないと思います」

「どうして?」

「主語が無いから、かな?」

「 そうやねー、主語が無いね、この文章の中には主語にあたる人物は何人いるの?」

「ふたりです」

「どうして書かなかったの?」

「・・・忘れてました」

「この文章を初めて読んだ人が理解できるだろうか、と考えなさい と いつも言ってるやろ? 何が足りない? 何が余計?接続詞は適切? まず書く内容を整理してから書き始めないとアカンよ」

厳しい口調で言いましたが、本当はうまく書けるようになってきているんです。
入試までには どこからもつつきようのない論理的な文章を書けるように。
あともう少しです。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン


















管理者にだけ表示を許可する