読書マップから

すずめがじいさんの
いえのにわのすみっこにたおれていて
じいさんがたすけてあげてじいさんに
すずめのちょんがなついていたとき
じいさんがきをきりにいってそのとき
ばあさんがせっかくつくったのりを
ぜんぶなめてしまって
ばあさんがおこってすずめのしたを
きってしまったおはなし。

2年生の子が一生懸命に書いた読書マップの一部です。
句点(。)が一つしかありません。だらだらと長い文です。
高学年になっても これに似た文章を書く子はいます。

『だから』や 『けれども』などの接続詞書き忘れている主語を補い、4つから5つくらいの短い文に分けてやるとぐっと読みやすくなります。
----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン






管理者にだけ表示を許可する