学校の英語の授業の進度

「もう、学校は一般動詞の疑問文やってるねんよ。be動詞の疑問文は、動詞を前に持ってきて最後にクエスチョンマークをつける、なんて一言も習わないし 主語に対してどの動詞を使うか、なんてことも何も言わないのに。・・・中学に入る前に英語やってなかったら何もわかれへんとこやったわ」
と中一の女の子が口をとがらせて まくしたてました。

中学入学までに 『すらら』で一般動詞の否定文も疑問文も終わらせておくように、と言っていたので、新中一生たちは、今のところつまずくことなく授業について行っているようですが。

すでに英検準一級や二級を持っている子もちらほらいる中、アルファベットをきちんと書けない子も少なからずいる状態では、学校の英語の先生はどこに照準を定めて指導すればよいのか難しいだろうなぁ、と思います。

中一の英語ほど学力の差がある教科は他にはないでしょう。この差は多少は縮まるとは思いますが、それにはやはり学校外のサポートが必要になってくるのでしょうね。

各家庭の経済力がそのまま学力差になっていることはこれだけを見ても想像できます。

そんな社会はホントに嫌だなあ。

----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン








管理者にだけ表示を許可する