他人と比べても意味がない

今日は長男家族の夕飯に呼ばれてきました。
2歳半の孫は、週に一回幼稚園に行っているのですが集団行動ができないそうで、嫁が嘆いていました。

そう言えば、この孫の父親、つまりわたしの息子は幼稚園に入ったとき二か月泣き通しで、その後も変わった子として有名でした。
次男に至っては、やんちゃが過ぎて転園したほどです。

なんでうちの子たちは、みんなと同じことができないのだろう、と深刻になった時期もありましたが、そんなわたしの横で祖父は
「皆と同じじゃ、つまらんつまらん」と、いつも歌うように言っていました。
体も心もおおらかな祖父が にこにこ笑ってそういうので、いつしかわたしも息子たちを他の子と比べなくなりました。

今では息子たちも成人し それぞれ家庭を持ち それなりに幸せに暮らしています。

他人と比べて嘆くことは本当につまらんことです。
その子が持っている良い所が全く見えなくなってしまいます。

皆と同じじゃ、つまらんつまらん。
ああ、また祖父の声が聞こえてきました。


----------

学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン







管理者にだけ表示を許可する