FC2ブログ

立ち止まって考える。流されないで。

今日は同業の友だちに会って情報交換をしました。

ひとしきり近況を報告しあった後、いつしか中学受験の話題になりました。
彼女の息子さんたちは、それぞれ大阪と兵庫のトップの私立中学に進みました。

「今思うと、何であんなに必死になっていたのか訳がわからんわ」と彼女。
「何が?」
「今、中学受験をさせようとしている親を見ていると、当時の自分と重なって・・・やめときーって思う」
「そう思う?」
「うーん、毎日転げまわって遊ぶことは、子どものうちにしかできんこと。これをしっかりさせんかったら後でつけがまわってくる。何でこんな当たり前のことに気づかんかったんかなぁ。中学・高校と楽させようと考えて受験させるんやったら話は別やけど・・・」

彼女自身も私立中学に入学し、楽しい学校生活を送った経験があったからこそ息子たちにも同じ道を歩ませようとしたらしいのですが、自分と息子とでは時代も環境も違っていて、思い描いていたものと息子たちの学校生活は全く別物になってしまったようでした。

みんながみんな苦い経験をするかと言うと、そうではない。現に彼女自身 受験したことを全く後悔していないと言っています。うちの長男も受験組ですが頼もしい友だちに恵まれて貴重な日々を送ったのではないか と思っています。ただ彼女の息子たちには合わなかったということなのかもしれません。

子どもの一生を決めてしまうかもしれない中学受験。わが子には合っているのか と今一度じっくり考える必要があるようです。








管理者にだけ表示を許可する