基本に帰ろう

「先生、これ たし算?かけ算?・・・わり算?」
「問題を読んだ?」
「うん、読んだ」
「この文の主語は何?」
「? ? ?・・・」
「何を聞かれてるの?」
「? ? ? ・・・」

短い文章です。物語のように何ページも読まなくても良いのですが・・・
算数の問題文を国語の文法の問題のように、主語・述語・修飾語のそれぞれに線を引かせて どの語がどの語に係っているのか考えさせました。
すると漫然と問題文を読んでいたときは、何算かもわからなかったのに「ああ、かけ算や」と言いながら式を立てることができました。

中学生が英訳で悩んでいるときも、問題の日本語の文を主語・述語・修飾語に分けさせると、すらっと解けることがよくあります。

「問題文をよく読んで!」
と ついつい言いがちですが、どこをどう読めば良いのか細かく指示することがだいじですね。







管理者にだけ表示を許可する