やっぱりアナログ人間

パソコンに向かって問題を解いている子たちを後ろから見ていて、便利な時代に生まれてきた子たちが羨ましく思えましたが、反面、この子たちは勉強に工夫をこらすという機会を逃しているんじゃないか、とふと思いました。

息子たちの時代には すでにパソコンは各家庭に普及し始めていましたが、学習ソフトのようなものは今ほど豊富にありませんでした。
覚えなければならないことを書き出して壁に貼ったり、語呂合わせを考たりとそれぞれが自分に合った勉強法を工夫していました。わたしの学生時代も似たようなものでした。

ところが今の時代は、無駄のない完全な教材を使って勉強している。そこには個々の子どもたちが工夫する余地は少ないのだなぁ。
それなのに これだけおんぶにだっこの教材を使っておきながら、学習が捗らないと言う子がいるのはいったいどうしたことなのだろう。

パソコン教材は上手に使わなければ。あと2台新しいパソコンを入れるつもりなのだけど・・・。

子どもたちのモチベーションを上げることができるのは機械ではない。人間しかそれはできないと思うのです。








管理者にだけ表示を許可する