FC2ブログ

アンネフランクと同じこと言ってる

しんどいなぁ、とか 辛いなぁ、とか思った時に、いつも読み返す文があります。
糸井重里さんと、さんまさんの対談なんですが、今日も読みました。



さんま
昔ね、うちの師匠(笑福亭松之助)から言われて、
これは助かったなということがありまして。

糸井

はい。

さんま
我々の弟子稼業というのは、
掃除をさせられるじゃないですか。
で、掃除をしていると師匠が、
「それ、楽しいか」って言うんです。
「いいえ」って答えると「そやろ」って。
「そういうのが楽しいわけがない」と、
おっしゃるんですね。

糸井
うん、うん。

さんま
そのときに、師匠に、
「掃除はどうしたら楽しいか考えろ」
って言われたんですけど、そこでしたねぇ。
あの、掃除なんて、楽しくなるわけがないんですよ。ところが、
「楽しくなることを考えてることは楽しい」。
っていうところにね、18歳のときに気づかせていただいたのが
非常に助かりましたね。

糸井
あーーー、それは、
いい師匠を得ましたねぇ。

さんま
ええ、ええ。
これは、やっぱりものすごい助かりましたね。
とくに我々はお笑いやりたいから、
そこはスッと一所懸命できたんです。
けど、たぶん、そうじゃないふつうの人は、
「掃除は楽しくない」
というところでやめてしまう人が
多いんじゃないかと思うんですけど、
楽しくないものをどうすれば楽しいか
ということを考えていくと楽しいんです。

糸井
それを考えてるときは、もう、楽しいんですよね。

さんま
はい。それやらない人、多いんですよ。
いまの若手とかにもね。

糸井
「楽しくなることを考えていることは楽しい」
それは、ハズレくじを引くどころか、
ハズレくじを引いて、
それをどう笑うかを考えてるわけですよね。

さんま
そうそうそう。
そこにたどり着くことが、
さっきの夢と現実の話じゃないけど、
「入れ換える」ことなんですよ。

糸井
それを18のときに教えられたというのは、
やっぱり、大きなことですね。




そうだなぁ、残念な結果に終わったとしても、そこまでの過程は崇高なものだった、
この結果を次につなげる努力は惜しんではいけない。

『生きてるだけで丸儲け』と言った さんまさんの「くわーっ」という笑い声が聞こえてきました。







管理者にだけ表示を許可する