FC2ブログ

怖いのは 『わかったつもりの読書』の習慣化

先日も書きましたが、ウェルズの『透明人間』を数ページ読んでは、場面ごとに絵を描かせています。
途中途中で、登場人物の名前・性格・本文のどの部分から性格がわかるのか、を表にさせるのですが、
しっかり読み取れている子はとても少ないようです。

特に登場人物が増えてくると、学校での国語の成績は良いと自慢している子でも
混乱している様子が見てとれます。時には話を180度 真逆に捉えている子もいて驚かされるくらいです。

読書好きな子でも、ふだんはわかったつもりで読み進めているのではないか、と疑ってみたほうがよいかもしれませんね。
怖いのは、この『わかったつもりの読書』が習慣になってしまうことです。
うちの子は、たくさん本を読んでいるから、国語は大丈夫… とは言えないかもしれませんよ。


管理者にだけ表示を許可する