FC2ブログ

ひいきの理由

子どもの頃、先生にいつもひいきされていた子がいました。

何でいつも特定の子が可愛がられるのか、よくわかりませんでしたが、教える立場になると、そりゃそうだろ、と理由は明らかであることがわかります。

なぜなのかハッキリしています。その子が一生懸命だからです。ひたむきだからです。人の心を動かすのはそこなのです。
勉強でも運動でも何でも一生懸命する人には応援したくなるし、親身にもなります。一生懸命な人が成功する確率が高いのは、本人の頑張りは言うまでもなく、有形、無形の周りのサポートが大きく起因していると思われます。

それに対して一生懸命と反対のところにいる子、学習面(・・・)において素直でない子に対する先生の反応は推して知るべし、というところでしょう。
でも「どうすればそんな一生懸命な子に育つのよっ!」と鼻息荒く詰め寄りたくなりますよね。これを書きながらもわたし自身どうすれば良いのかわかっていません。

でもただ一つこれは確かなことだぞ、と思うことがあります。それは、子どもをコントロールしすぎない、ということです。もちろんまだまだ未熟な子どもを野放しにしろと言っているのではありません。

絶対に譲ってはいけないこと以外は、まずは子どもに判断させてみることが良いように思います。口うるさく指図しているほうが、ずっと楽だと思いますが、子どもにとっては逆効果であることのほうが多いのではないでしょうか。

管理者にだけ表示を許可する