FC2ブログ

視覚化・具体化するとわかりやすい

3パーセントの食塩水が400gあります。食塩の量は何gですか?

食塩水の問題は中学受験をしない子たちにとっては、なじみの薄い問題です。

「これ、どうやって解けばいいの?」と6年生の女の子。
「ああ、濃度の問題ね。こんなふうに考えるとわかりやすいよ。
ある工業高校の生徒数は400人です。そのうちの3パーセントが女子です。
女子の人数は何人ですか。って問題に置き換えてみて。式はどうなるかな?」
「400×0.03=12  12人」
「その通り!簡単にできたね。じゃあ、食塩水の問題をやってみよう。

生徒数(女子+男子)400人    3パーセントが女子
     ↓               ↓
食塩水(食塩+水)400g     3パーセントが食塩   と置き換えてみると簡単!」
 
「これも400×0.03=12  12gや」
「そうそう正解。食塩は水に溶けてしまうからわかりにくいだけ。目に見えないものを考えるのはむずかしいね。でも女子の人数と考えるとわかるやろ。何ですぐわかったと思う?」
「目に見えるから?」
「そうそう。目に見えるからわかる。食塩水の問題も目に見えるように置き換えて考えたらいいよ。ああ、反対にこの12人の女の子に男子の格好をさせたと考えてもいいかも。みーんな男子に見えるけど、確かに女子は交ざってるもんね。みーんな水に見えて 食塩が混ざってるように」
「わーそう考えるとわかりやすいなー」

同じように理科の電流の問題も目に見えないのでわかりにくいのですが、水流で考えるとちょっとわかりやすくなりますね。視覚化・具体化することで難しげな問題も身近に感じることができ、解答までの道筋が見えてきますよ。


管理者にだけ表示を許可する