FC2ブログ

スポーツジムで学んだこと

火曜日と木曜日は教室を8時過ぎには閉めるので、帰りにジムに寄ることにしようと思います。
帰宅は思いのほか遅くなるので先にブログを書いておこうかな、と。

まだ2回しかジムに行っていませんが、有酸素運動のマシンではクロストレーナーというノルディックスキーのようなマシンが一番楽しそうに思います。
それで、この前も一番にこのマシンに行き、ペダルに足を乗せ、目の前の電源を押しました。が電光表示がされません。おかしいなと思い 何度も押すのですが変化なし。
それで隣の同じマシンで汗を流しているおじさんにどうすればスタートするのか聞いてみました。
「ああ、まずペダルを踏みこむことで電源が入るんですよ。それから、そのボタンを押すと心拍数やなんかが表示されますんや。」と教えてくれました。
初回にトレーナーのお兄さんが、確かにペダルを踏んでからボタンを押す、と言っていたことを思い出しましたが、このおじさんのように『ペダルを踏みこむと電源が入る』とは言いませんでした。このおじさんのように言ってくれていたら良かったのに・・・

トレーナーのお兄さんは、他のマシンに関しても使い方は教えてくれましたが、どこにどのように効くのか、どう使えば効果的なのかはあまり丁寧に教えてはくれませんでした。
これを一番に教えるべきなんじゃないかなぁと思うんですが。

指導する側の者は よくわかっていることでも、初心者はわからないことだらけです。教えるポイントをしっかり押さえた指導をしないと、教えられる側はできるようになるまで無駄な時間を使い、遠回りさせられることになってしまいます。最悪は遠回りしているうちに もう興味が薄れてしまいやめてしまうこともあるかもしれません。

『名選手名監督にあらず』とよく言われるのはここかもしれませんね。『そんなところがわからなかったの?』と思うようなところで詰まって先に進めない初心者の気持ちがわからないのでしょう。まずは指導される側の目線に立ち返ることが大事なんだと思います。

わたしも肝に銘じておかなければ!!


管理者にだけ表示を許可する