FC2ブログ

嬉しかったこと

昨日帰宅したころから頭痛がし始めました。いつもなら薬を飲めば治まるのだけど、だんだんひどくなるので、やることはいっぱいあったのですが早めに寝ました。朝起きると時計は9時を指していて、気分爽快。丈夫な体に産んでくれた母に感謝しなければ。

昨日の懇談で

「娘があまりにしんどそうに宿題を解いているので、塾を変わってもいいよ、と言ったら、横から息子(小学校卒業までラフラーンに通ってくれました。現在中2)が、小学校の間はラフラーンにいた方がいい、と言ったんです」と4年生の女の子のお母さん。
「へえー、ありがとうございます。そんなこと言ってくれたんですか」
「ええ、息子はそう実感しているようです」

このお兄ちゃんは、とても優秀な男の子でしたが、一時どうしても解けない問題にぶつかってラフラーンをやめそうになったことがありました。問題の負荷や学習時間を加減したり、お母さんとの連絡を密にとったりすることで、無事最後まで通ってくれたのですが、無理やり通わせたのではないか とスッキリしない気持ちになることもありました。

そんなことがあったので、先の「小学校の間はラフラーンにいた方がいい」というこの男の子の言葉に、あれで良かったんだ と救われた気持ちになりました。

ひとりでも多くの子にそう言ってもらえるようにがんばろう。
願わくば「中学校まではラフラーンにいた方がいい」と言ってもらえるように。


管理者にだけ表示を許可する