FC2ブログ

法事の場で

今日は叔父の三回忌の法事がありました。
会場に入ると並んでいる椅子の片隅にポツンと座っている いとこの子が目に入りました。
今春 高校に合格したばかりの男の子です。

近づいて行って「おめでとう」と声を掛けました。
すると、読んでいた本から目を上げ、
「おめでとう? この場に一番ふさわしくない言葉ではないですか?」と彼は言いました。

そうだった・・・。
彼はおじいちゃんが大好きだったのだ。死にゆくおじいちゃんの姿を見ることができずに病院に一度も見舞いに来ることができなかったと聞いていました。

三回忌とはいえ彼の気持ちは当時のままだったのでしょうか。

法事が終わり、歓談しながら食事をしている大人の間で、ずっと本を読み続けていた彼の目に 大人は不思議な生き物 と映ったでしょうか。

管理者にだけ表示を許可する