FC2ブログ

さすがだなぁ

「これで合ってる?」と6年生の男の子が言ったので、問題を見ると、分数の分母と分子の部分がそれぞれ分数になっている計算問題でした。繁分数の問題です。

分母にある分数と分子にある分数の分母の公倍数をそれぞれかけて分母をはらい、いつもの普通の分数にする方法が一般的だと思いますが、この男の子は(分子にある分数)÷(分母にある分数)という式をちゃんと立てて解いていました。

繁分数の式を見ただけで、ほとんどの子が途方に暮れると思うのに・・・
この子は分数の意味がしっかりわかっています。

原理原則を理解していれば、初めて見た問題でも解くことができるという良い例だと思いました。

管理者にだけ表示を許可する