FC2ブログ

本気モードのカンニングペーパー

次の文章は、今日、テスト前の勉強法を聞かれたメールに対しての返信です。

前略
あと、どの教科も教科書をしっかり読み込んで、大事な所に印をつけ、できれば書き出すと良いと思います。その際のコツは、カンニングペーパーを作るつもりで書き出すのです。もちろん、カンニングを勧めているのではありません。カンニングペーパーは、小さい物です。その小さな紙に、できるだけ情報を載せようとすると、自ずと内容を精査しなければなりません。重要な言葉を書き出すことになるでしょう。となると、どこが重要なのかがわかっていなければ、書けません。そのためには、教科書を読み込むことになります。
これが終わってから、渡したプリントを解けば、よくわかると思います。
やる気になっている時を逃さないように、たたみかけるように、やってしまうのがいいですよ。
後略

このカンニングペーパー作りは、本気になって作れば作るほど効果的です。
実際にカンニングペーパーを用意してテストに臨んだのだけれども、しっかり覚えていて全くカンニングする必要がなかった、と言う話をよく聞きます。

ノートに書き出すのと違い、ちょっとスリルがあってちょっとワクワクする(?)ので、作っている時間も短く感じるようです。

あっ!そうそう、 うまくできたからといって、テストの現場には持ち込まないように。あらぬ疑いをかけられでもしたら やっかいですからね

管理者にだけ表示を許可する