FC2ブログ

塗り絵になってはいけません

筆算をするとき、一回一回、定規を当てて線を引く子たちに、
「この教室では定規は使わないでね」と言います。
初めての子は戸惑いながら
「学校では、定規を使わないとダメって言われてるよ」と。どうして?と言いたそうです。
「うん、わかってるよ。だから、この教室にいるときだけでいいよ」と答えると、
「ふーん、わかった」と子どもたち。

定規を使っている間は、その作業に気を取られて思考が中断してしまうように思うので、図を描くときでさえ定規は使わせません。
初めはガタガタの線を引いていますが、それでもだんだんと慣れてきれいな線が引けるようになるものです。

高学年の女の子で、ノートにカラフルなペンを使って書き込んでいる子もよく見かけますが、これもあまり、というか全く良くないと思います。
その時々で、気分で色を変えたりしているのも、カラーペンを使う意味がわかっていない証拠です。
例えば歴史なら、ピンク色は年号、青色は人名、緑色は場所、などと決まりを作れば、パッと見たときに頭に整理されて事柄が飛び込んできますが、その日の気分で色を使っていると脳が混乱してしまいますね。

きれいなノートと わかりやすいノートはぜんぜん別物です。


管理者にだけ表示を許可する