FC2ブログ

机上の勉強=普段の生活

35+6.9
間違えようのない問題だと、大人は思いますよね。

ところが…、ノーマークと思われる問題なのに多くの子が誤答します。
誤答の中でも一番多いのは、6.9の小数点につられたのか、35を3.5として計算した、10.4という答え。次に多いのが、筆算をしているのですが、数字の位置をずらすことだけを覚えていたのか、35の3の下に6.9の9を書いて計算した7.25という答え。

間違えた子には、教室に置いてある長いものさしで まず35㎝の線を引かせ、その線をあと6.9㎝伸ばしたところで、何㎝になったのか数値を言わせます。
数値を答えたところで気づく子がほとんどですが、問題と たった今引いた線の長さとが、どういう関係にあるのかわからない子も何人かいます。

小学校で学ぶ内容は生活に密着したことばかりです。それなのに机上の勉強と普段の生活を切り離して考えている子がなんと多いことでしょう。

低学年のうちはプリントを何枚もさせるより、料理や園芸・大工仕事などを手伝わせる方が、数倍、いや数十倍ためになると思います。その際、計量カップやものさし、巻尺などで実際に量や長さをはからせたり、作業の段取りを考えさせたりする配慮は必要ですが。

過ごしやすくなる季節です。外に出かける機会も多くなると思いますが、ときどきはお家のことを親子で楽しまれるのも良いですね。

管理者にだけ表示を許可する