FC2ブログ

筆算は便利だけど・・・

今日初めてたし算の筆算を習った新2年生の男の子に、
「自動的に答えが出てくるやろ。何も考えんでも」と言うと、
男の子は こっくりと頷きました。

これだから、筆算を教えるのは3ケタどうしのたし算・引き算の暗算が終わってからになるのです。
筆算では考える力も量感も育ちません。

実感算数では、ひき算でも かけ算でも わり算でも、全て暗算が先で、それぞれの計算の意味を理解してから筆算を教えます。2ケタどうしのかけ算も暗算でさせ、筆算はその後になります。

暗算では、何とか答えを出そうと、子どもらは工夫をします。その工夫はいつも同じ道をたどるのではなく、数字の組み合わせによって考え方は変わります。
たいてい文章題をつくりながら暗算を考えるので、単に計算問題を解くことに留まりません。

筆算は便利ですが、それに頼らせないようにすることが重要です。



管理者にだけ表示を許可する