FC2ブログ

小さなナイト

昨日は、3歳児さんのレッスンに始まって、例の中1トリオ(昔、『花の中3トリオ』というのがありましたね。山口百恵・桜田淳子・森昌子… 古いですねー)まで。ながーい一日でした。

1時間目の男の子、文字ブロックで、自分の名前をつなげてもらいました。たくさんあるブロックの中から、さっと選んでブロックを組んでくれました。
「お母さんの名前もつなげてくれるかな?」と言うと、嬉しそうに文字を探し出して、また嬉しそうにお母さんのところまで持って行って見せていました。可愛い!
ブロックを箱にしまうときも、最後までお母さんの名前のブロックは持ったままで、「はい」と言いながら、お母さんに渡そうとしていました。

お母さんが大好きなんですね。だいじなんですね。特に男の子は小さい時から、お母さんを守らなきゃ、と思う気持ちが強いように思います。

幼かった息子たちも電車に乗ったときなど、席が空いていたら自分たちが座るのではなくて、必ずわたしを座らせようとしていました。


この3歳の男の子を見ていると、むかーしむかしを思い出して、ちょっと胸が熱くなってしまいました。

管理者にだけ表示を許可する