FC2ブログ

いつでも見てるよー

1日から正式に使い始めた双方向性映像教材は、思いのほか子どもたちの受けがよく・・・というか、ねらいどおり だったと言えるようです。まだ数日しかたっていませんが。

勉強とは、こつこつ自分で調べて考えるものだという世代のわたしにとって、こういうシステムは『邪道じゃないのか』という思いは拭いきれないのですが、実際に力が着いているのであれば文句のつけようがありません。

このシステムの優れたところは、子どもたちの学習管理が、パソコン上でできてしまうことです。
『あっ、今○○ちゃんがログインしたな。ああ、数学の問題を解いているのか、あれ、画面が赤くなっている、ということは苦戦しているんだ。どれどれ、なるほど、この問題か。ちょっとアナウンスしてあげなくては。』と言う具合に、教室外でも家に居ながらでも、管理できる優れものです。

あまりに問題を解くのに時間がかかり 間違いが多い時は、教室で学習している場合は、当然その場で指導しますが、家庭で学習中であれば、直接電話して指導することもできます。

今は春休み中で学校が休みなので、早朝からログインしている子も多く、わたしも朝の支度をしながらパソコンを開き、子どもたちのログイン状況を見ています。

中にはレクチャーをほとんど聞かずに問題を解いている子もいますが、しっかりわたしの元へは通知がくるので、やらせっぱなしにすることもなく管理ができます。

まだまだ便利な機能がたくさんあり、使いこなすのに少し時間がかかりそうですが、わたしのようなIT音痴でもなんとかなりそうなので、ほっとしているところです。

優秀な講師を何人も雇っているような感じで、定期テスト対策や、英検対策、先々の入試対策にも安心できそうです。

何より、子どもたちが先を争うようにまだ未習の分野に挑戦してくれているので、導入に費用がかかることで躊躇していましたが、思い切って入れて良かったなぁと思っているところです。



管理者にだけ表示を許可する