FC2ブログ

訓令式とヘボン式

小学校の中学年で訓令式ローマ字を習います。

わたしも、もうウン十年前に小学校で習いました。まだまだ英語教育は中学校から、の時代でした。
友だちが習いたてのローマ字でかばんに名前を書いていたら、お父さんに、
「それ、間違えてるで、恥ずかしいで」と言われたそうです。
その子の名字には、『ツ』の字が入ります。訓令式ローマ字ではtuと書きますが、ヘボン式ローマ字ではtsuとなり、sがtとuの間に入ります。
友だちは、いたく感心してお父さんを見直した、と言っていました。

今日、ヘボン式ローマ字の問題をしていた子が、「なんでこれ学校で習わへんの?」と聞いてきました。
うーん、何で? 混乱するというのが主な理由でしょう。
高学年でヘボン式ローマ字を教えても良いと思うのですが、小学校での英語教育が制度化された今となっては、今さらヘボン式を教える必要があるのか?と思われているのでしょう。

でも小さい時から英語を習っていた子は別として、ほとんどの子は英語を聞いても 読んだり書いたりすることは そんなにありません。
このヘボン式表記法を学ぶことは、中学から本格的に学ぶ英語にスムーズに移行するための大事なプロセスだと思います。

管理者にだけ表示を許可する