FC2ブログ

別れの季節には ちと早い

1年生の最初から教室に通ってくれていた男の子。
来月から進学塾に通うことになりました。

友だちと遊び半分で一緒に受けた進学塾の公開テスト、算数と国語が100点だったのだそうです。
それで自分の力を試してみたいと思う気持ちが日に日に膨らんできたようです。
今日お母さんが挨拶に来られました。
「わたしはこの教室でいいと思うのですが、この子がやってみたいと言うので・・・」

今年5年生。しっかりと力を着けてきた子なので、当然の選択なのかもしれません。
でも・・・5年近くこの男の子を見てきた者としては突然の話にひざ裏を押されたようにガクッときました。

・・・大きく羽ばたこうとしている子のじゃまをしてはいけませんね。

帰り際、机の上のおみくじをひいてみました。
『大吉』 そうだね。この子にとっての人生のスタートをお手伝いできたのだから良かったやないの。
わたしはわたしで次の段階を目指してがんばるだけ、です。

管理者にだけ表示を許可する