FC2ブログ

マンションのベランダからちょっと見えていたのですが、知らんかった

今日は、前にもブログに書いた料亭『まつむら』に、教室の卒業生の男の子とそのお母さんと3人で行ってきました。
今日は庭に面した大部屋に通されました。
久しぶりに会ったので話が弾み お料理をあまり覚えていないのですが、和食ということで時期的にどうしてもお節料理の延長のように感じてしまい、有難味が今一つ・・・でした。
いっそのことフレンチやイタリアンにしたほうが良かったかな、と反省しています。

それにしてもこの男の子、と言っては失礼ですね。今年大学4年生。立派な青年に成長されました。3年後に司法試験を受けるそうです。
「難関でしょう?」と言うと、「大丈夫、一回で通ります。勉強量が違います」という頼もしい言葉が返ってきました。小さい時から本当によくできた子でしたが、途中でその道を逸れることなく真っ直ぐに大人になったようです。
「どうすれば、こんなふうに育つのですか?」とお母さんに聞くと、「さあー」と笑っておられます。このおおらかさがいいのでしょうね。

食後、息子さんは勉強するから、と言って帰りましたので(凄い!) わたしと彼のお母さんとで四天王寺の『極楽浄土の庭』に行くことに。

彼女はお茶とお花の先生なので、この庭にはよく来られるようです。わたしは初めてでした。
こんなに近くにこんなに素晴らしいところがあるなんて、ちっとも知りませんでした。
春夏秋冬いつでも楽しめるように作られたホントに美しいお庭です。

006_convert_20130106194635.jpg
ここでお抹茶をいただきました。

003_convert_20130106193933.jpg
お軸の横の柳は『結び柳』といって、お正月のしつらえです。彼女に教えてもらいました。。

009_convert_20130106194241.jpg
レース状の板飾りで囲んだ軒先や、明治36年建築当初のものといわれる三色の板ガラスが美しい八角亭

滝のある池や重要文化財の建物、小さな茶室など見どころがたくさんありました。

今度は桜の季節に是非来ようと思います。





管理者にだけ表示を許可する