FC2ブログ

開けゴマ

「ぼくは、てきではないよ。」と幼稚園年長組の男の子。
「えっ? てき? うん、もちろん。味方だよ。でもどうしてそんなこと言うの?」
「ちゃんとするって やくそくしたでしょ。だから、てきではないよ。」
この男の子、大阪弁ではないので、ときどきドラマの中のセリフのように聞こえます。

まだまだ幼く、100点でないと怒りだしてしまうこともよくありました。
「こんなもんだいだす せんせいなんか きらいだ!」と言いながら。

それが先週ごろから落ち着いて問題に取り組むようになってきて、今日は全問正解。一年生のおにいちゃんたちが、おしゃべりしていると、
「しずかにしなさいよ。しゃべっちゃだめでしょ。」と注意するほどの変わりよう。

お母さんに少し叱られたこともあったのかもしれませんが、どうやら初めは訳が分からなかった計算の意味がだんだんわかってきたことが彼を変えた大きな要因であるように思います。

根気よく毎回ドット棒を使って宿題をみてくださったお家の方のおかげです。
初めて数の世界の扉が開いたのでしょう。これからが楽しみですね。


管理者にだけ表示を許可する