FC2ブログ

時空を超えて現代に響く音色

今日はお昼から、能楽で演奏される小鼓のコンサートに行ってきました。
舞はなく、小鼓と笛と謡いだけなので『コンサート』とチケットには書いてありました。
大和文華館の講堂は満員でしたので少し遅れて入ったわたしは立ち見になりました。

視覚的な刺激を受けやすいわたしは、華麗な衣装をつけた舞の無い舞台を初めのうちは物足りなく思っていましたが、だんだんと「よぉ~おぉ~~ポン」というリズムの繰り返しが心地よく聞こえてきて、自然に目を瞑って聞き入っていました。日本人のDNAに逆らうことができなかったのかもしれません。トランス状態におちていたようです。

正倉院展は、あと2日で終わってしまいます。今年も行けないかな。でも今日 悠久の音色に身を委ねることができたから、良しとしよう。

管理者にだけ表示を許可する