FC2ブログ

静かな決意

思えば看病の人生でした。

祖父が亡くなり、祖母が亡くなり、母が亡くなり、夫が亡くなり、最後に父が亡くなったとき、「これからは自分のために生きて」と学生時代の仲良しが言いました。

その友だちが今日 家に来ました。彼女は今、辛い時期を生きています。

「みんないろいろあるよ」とよく言いますが、いろいろ無い人もいっぱいいます。
一人で苦労を背負いこんでいるような人もときどき見かけます。帳尻が合うようになっている、と言われても とてもそうは思えません。

彼女は帰り際に「一喜一憂するのはやめて、淡々と生きるわ」と言っていました。
強い人です。人は自分の人生を受け入れたとき、岩のように固いのに、水のように柔軟になるのだなあと思いました。


管理者にだけ表示を許可する