FC2ブログ

優雅で贅沢な時間

昨日妹が持ってきたお茶を入れてみました。

工芸茶と言います。昨日初めて知りました。
健康にも良く、芸術的にも価値がある銘茶と言う意味を込めて
『康藝茶』と呼ばれています。
蟾・闃ク闌カ_convert_20121021201047

工芸茶とは一枚一枚の茶葉を糸で束ねて中に漢方効果のある花を入れ、包み込むように形を整えられたお茶です。それをガラスのポットに入れて熱湯を注ぐと、まるで高速撮影のようにスローモーションでゆっくりゆっくり茶葉が開き始め中から色鮮やかな花が顔をのぞかせるのです。
017_convert_20121021201321.jpg

これまでもお茶は好きでハーブティーなど買ってはよく飲んでいましたが、茶葉が開くのをこんなにリラックスして眺めたことはついぞありません。それほど香りが強いということもないので日本茶感覚で飲めそうです。ハーブティーはちょっと…という人にも抵抗が無くて良いかもしれませんね。

妹とこのお茶のおかげで優雅で贅沢な時間を過ごすことができました。

工芸茶のお店は地下鉄四天王寺前夕陽ケ丘の駅を上がってすぐのところにあるそうです。
茶葉は何種類もあるので、一つ一つ試していこうかなと思いました。

管理者にだけ表示を許可する