FC2ブログ

今後もずっと変わらないのかなあ

手本を見ながら漢字を書いている子を見ていると、なぜ日本語は右ではなく左側に改行するのか今更ながらに不思議になりました。
その子は何度も右手を浮かして手本を確認しています。左から右に文字を書いていったならそんなことを いちいちする必要はなく、書いた文字で手を汚すこともありません。
わたしも年賀状を書くときなどは、真ん中に宛名を書いてから右端に住所を書いているのですから。

文字は中国から伝わったのですよね。当時の中国では左利きの人が多かったのでしょうか。
調べてみました。するとわたしと同じことを思った人がたくさんいるようで、次のようなことが書いてありました。

「右から左へと書く方式は、竹簡に書くときに右手で筆を持ち、左手で竹簡をもって、竹簡を並べやすい順序で並べていく方式に主に由来すると推測される。」とありました。

竹簡についてはこちらをご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E7%B0%A1

1本の竹簡に文字は1行しか書けません。
で、複数本の竹簡に文書を書くときに竹簡を左手で待つのであれば、書き終わった竹簡は順に左へと並べていく方が確かに並べやすそうです。

竹ではなく紙に文字を書くようになった今となっては、左から右に書いていくほうが理にかなっていると言えそうですが。皆さんはどう思われますか?

管理者にだけ表示を許可する