FC2ブログ

YOM-TOX おすすめです。(10月の教室だよりから)

わー!もう10月です !
半年もブログから離れてしまっていました。
先日懇意の教材業者の方から、「先生、お元気ですか。入院されてるのかと心配していました。」と電話をいただきました。
夏の暑さには まいりましたが、元気にしています。


10月の教室だよりにYOM-TOXについて書きましたので、こちらにも載せておこうと思います。


YOM-TOXでは、オックスフォードリーディングツリーという英語の絵本のシリーズを順々に音声動画を視聴しながら読み解いていきます。
読書の前後に解くワークブックを併用することで、読み流すことなくその1冊で学ぶ内容をしっかり理解できるように作られています。

最初は言われるままに導入した教材でしたが、2年間使ってみてその完成度の高さを指導するたびに感じるようになりました。

特に読本には普段ないがしろにされがちな前置詞の使い分けが無意識のうちに身につくようなしかけが初期段階から出てきます。

先日4年生の男の子が前置詞のintoを見て、「中に入っていくイメージやな。」と動詞の意味が分からないのに大体の意味を捉えていたのには驚きました。

付属のワークブックでも繰り返し前置詞のイメージが図で現されているので記憶に残りやすいのだと思います。

中学では不定詞や動名詞・関係代名詞などいくつもの文法事項を学びますが、前置詞については特に取り立てて習うことがないためか、そこに意識が向く子は少ないように感じています。

また、厳選されそぎ落とされた英文と、最後のページの気の利いたオチにも毎回感心しています。

読み手と同年代の子どもたちやその家族が毎回繰り広げるドタバタ劇も、まるでルーシー・ショー(古すぎてわからないかも)を見ているようで懐かしくもあります。

何より、西洋の文化や普段の生活に絵本を通してですが触れることができるのも魅力の一つです。

業者に頼まず自分たちで壁紙を張り替えたり、ドアの色を塗り替えたり、ブランコなどの遊具を作ったりするDIY精神。

いろいろな人種が共に助け合いながら暮らす博愛の精神。

主人公の女の子(名前をビフといいます。)は、いつもズボンを履いていてスカートは好みではないという設定からはジェンダー問題、はたまたゴミ問題や自然災害、動物保護、ひいては世界平和に至るまで(いじめの問題もあります。万国共通なんですねぇ。)、子どもたちが積極的に働きかけて問題を解決していく過程は、ワクワクして次はどうなるのかと先を読みたくなるように作られています。

うまいなぁといつも思わずうなってしまいます。

塾に習い事に毎日忙しい日本の子と比べると、本の中のイギリスの子たちはたっぷり時間があり、その時間を自分だけでなく家族であったり、友だちであったり、地域の人であったりと、他の人のために他の人を思い 動くことに使っているのが、読後に心がほんわかと温かくなりながらも羨ましく感じるところでもあります。

YOM-TOXには先にも書きましたように、ワークブック・読本とワークブックの音声動画がついていますが、オックスフォードリーディングツリーの読本自体は書店でも購入できます。

これだけ良いことだらけの本ですが、ただ一つ難点を言えば、薄い本なのに高額であること。もし図書館で借りたり、フリマアプリなどで安く手に入れたりすることができれば、一見の価値はあると思っています。




学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン








管理者にだけ表示を許可する