FC2ブログ

充電しといで !

幼いころからわたしは、どんな人であっても大人に対しては必ず敬語で話をしていました。
たぶんわたしに限らず、昔の子は皆そうだったと思います。

ところが この仕事をするようになって長いのですが、最近は子どもたちから敬語で話しかけられると新鮮に感じるくらいです。
「こんな問題解きたくないー!」と面と向かって『言える』子も二人や三人ではありません。
羨ましくてしかたがない。なんて自由な子たちなんだ。

けしからん子だ、なんて全く思わない自分がちょっと不思議なのです。自分の子ども時代を考えるとね。

でもそんな羨ましい子なのに、「ここは学校ではないので、どうしても勉強したくないのであれば来なくてもいいのだよ。」
と言ったら、急に神妙な顔になって問題を解き始める。
いやいやいや、怒っているのでも脅迫しているのでもなんでもない。
他にしたいことがあるのならば、そのことに没頭すればよいと思うのです。
何もしたくないのであればしたくなるまでしなければいい。

突き放しているのではないよ。長い人生のうちの充電期間かもしれないのでね。
フルパワーになるのを待っているから。




学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン








管理者にだけ表示を許可する