FC2ブログ

何でもたちどころに答えるのが教師の仕事ではない、ということ。

理科の『音』の分野を苦手とする子は多いですね。
目で見ることができない『音』に速度があるということが実感しにくいからですね。

小学生の頃、放課後に校庭の隅っこでボールを壁に向かって投げている子の様子を見ていて、『わぁ、これは大発見や!!』と思ったことがあります。
大慌てで先生を呼んできて、「ボールが壁に当たってから少し遅れて音がするんです!! どうしてですか? 」と興奮を抑えきれずに聞くと、先生は今から思えば大げさに驚いてみせてくれました。そして、一緒に図書室で調べることを提案してくれました。
わたしは、先生も知らないことを発見したのかと、もうワクワクドキドキしながら この先生と図書室へ走ったことを今でも覚えています。

素晴らしい先生でした。新米の女の先生でした。勉強が嫌いでなくなったのは この先生のおかげです。





学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン







管理者にだけ表示を許可する