国語は家庭語

『ことばの学校』で速読速聴をした後、語彙のプリントを解いてもらいます。
これは知っていて当然でしょう、と思われる言葉でも、けっこうな割合で知らない子がいることに毎回のように驚かされます。

今日も、『にぎやか』を知らない子がいました。
「あんた、にぎやかな子やなぁ。って言われたことない?」
「ない。」
「 いつもは静かな通りやけど、今日は祭りでにぎやかだ。は? 聞いたことあるでしょ。」
「あ、聞いたことある。」

子どもは知らない間に言葉を覚える、と 言い切ることはできないのです。
格調高い言葉を普段の生活の中でも使うべきだ、とは言いませんが、子どもとの会話にはある程度の心配りが必要だと思います。






学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン









管理者にだけ表示を許可する