素晴らしいテスト

中学校の1年のとき、理科の定期テストで 教科書でもノートでも参考書でも何でも持ち込んでも良いということが 後にも先にも一度だけあった。
皆、やったー!! テスト勉強しなくていいわ !! なんて喜んだのだけれど、いざ問題用紙が配られると血の気が引いた。

全て記述問題で一問一答形式の問題は皆無だった。どの問題も原理を深く理解していないと解けない。
分厚い参考書を持ち込んだ者もいたが、ぱらぱらと開くことさえ無かったようだった。

そんなテストだったが、満点をとった生徒がいたらしい。スゴイと思ったけれども、こういう問題を作った先生はもっとスゴイと思った。

機械的な暗記が 何の助けにもならないことを思い知らされた、わたしにとって忘れられないテストだった。






学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン









管理者にだけ表示を許可する