難しい言葉

国語の読解問題を解いていた5年生。

「『敬虔な気持ち』ってどういう気持ちですか?」

「難しい言葉やね。聞いたことない?」

「『経験』ならわかりますが。」

「うーんそうか・・・。『厳かな気持ち』・・・って言うか。」

「厳か? わかりません。」

「うーんと・・・、教会・・・って行ったことないかな。」

「はい、ありません。」

「じゃぁ・・・神社は・・・、いや、これはアカンな。今は夏祭りで敬虔な気持ちには程遠いな。ああ、お寺のお堂に入ったとき、がらっと外の空気と違う、と感じたことは無いかな。」

「ありません。」

「そうか・・・。思わず手を合わせたくなるような、そんな雰囲気を感じたこと無い?」

「ない。」

「まっ・・・そうやろな。」

難しいですね。いくら言葉を尽くしてわからせようとしても、肌で感じないと理解できない言葉ってたくさんあります。
もう少し人生経験を積んでからなら簡単に解ける問題も多いでしょうね。

でも入試は待ってはくれないのだなぁ。





学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン






管理者にだけ表示を許可する