量感と空間認識能力

ここのところいつも以上にバタバタしていてブログの更新も滞り気味です。
何度ものぞきに来てくださった方、すみません。

先日体験学習に来られた親御さんに、
「中学以上の数学で思うように理解が進まないのは、量感と空間認識能力の弱さからくるのだと思います。」と言いました。

量感がしっかり育っていれば、答えがどれくらいになるのかがわかり、答えまでの道筋を早く見つけることができます。
空間認識能力が育っていれば、物事の全体像と枝葉の部分との違いを把握し本質を見抜くことができます。

この二つを育てることができれば、数学だけでなく、他の教科の理解も自ずと進むと思うのです。

型にはまった計算の練習をいくら重ねてもこの二つの能力を磨くことはできません。


今日折り紙を折りながら分数の問題を解いていた4年生の子に、

「一回半分に折ったら、2分の1やね。それをまた半分に折ったら何分の1になる?」と聞いたら、言われたとおりに折った折り紙を開いて見て、

「4分の1」と答えました。

「では、またそれを半分に折ったら?」

「えーっと、ちょっと待って、あっ、8分の1。」

「じゃぁ、またそれを半分に折ったら?」

「えーっとえーっと、1,2,3,4・・・ああ、16分の1。」

「それをまた半分に折ったら?」

「えー、もう折られへん・・・。」

すると横から1年生の子が

「32分の1!」

「すごいな! まだ1年生やのに。なんでわかるの?」と4年生。

「もうすぐ2年生やよ。・・・だって・・・次また半分に折ったら64分の1でしょ?」 うんそうそう、と うなずくもう一人の1年生。

「えっ! あー、そうか。そうやわ。」とまわりの子たち。

型は必要だけれども、型にはめてはいけない。限界を勝手に決めてはいけない。自然に逆らってはいけない。
量感と空間認識能力を育てるためには。





学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン





管理者にだけ表示を許可する