アリスの英語

『アリスの英語』という教材を購入しました。

箱を開けると、correct (=正しい)とerror(=誤り)と書かれたそれぞれ5枚のCDと 5冊に分けられた『不思議の国のアリス』のテキストが入っていました。
さっそくcorrectのCDを1トラック聞いてからerrorのCDを聞きましたが、どこに間違いがあるのかさっぱりわかりません。
もう一度テキストを見ながら注意深く聞き直すと・・・。これはおもしろいですねー!!
さらっと聞いただけではわからなかった文章のあちこちに間違いを見つけることができます。
「under」が「below」に入れ替わっていたり、「found」が「finds」に入れ替わっていたり。
間違いを見つけようと 集中して聞いていたのか あっという間に1冊読み終わってしまいました。

これはおもしろい。これ日本語でも作ってくれないかな。子どもたちの集中力もアップすると思うのになぁ。
特に小さな子は間違い探しって好きですよね。どこかの教材会社、作ってくれないかなあ。



学習の根っこが育つ、実感教育。ラフラーン

学習教室ラフラーン




管理者にだけ表示を許可する